万葉集 第5巻 851番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻851番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 851番歌

第5巻
歌番号 851番歌
作者 作者不詳
題詞 (後追和梅歌四首)
原文 和我夜度尓 左加里尓散家留 宇梅能波奈 知流倍久奈里奴 美牟必登聞我母
訓読 我がやどに盛りに咲ける梅の花散るべくなりぬ見む人もがも
かな わがやどに さかりにさける うめのはな ちるべくなりぬ みむひともがも
英語(ローマ字) WAGAYADONI SAKARINISAKERU UMENOHANA CHIRUBEKUNARINU MIMUHITOMOGAMO
我らが園に盛んに咲いている梅の花も散るときがやってきた。散り際の花を見る(愛でる)人がいてくれたなら。
左注
校異
用語 梅花宴、追和、大伴旅人、太宰府、福岡、植物
タイトルとURLをコピーしました