万葉集 第5巻 854番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻854番歌はこちらにまとめました。

第5巻 854番歌

第5巻
歌番号 854番歌
作者 作者不詳
題詞 (遊<於>松浦河序 / 余以暫徃松浦之縣逍遥 聊臨玉嶋之潭遊覧 忽値釣魚女子等也 花容無雙 光儀無匹 開柳葉於眉中發桃花於頬上 意氣凌雲 風流絶世 僕問曰 誰郷誰家兒等 若疑神仙者乎 娘等皆咲答曰 兒等者漁夫之舎兒 草菴之微者 無郷無家 何足稱云 唯性便水 復心樂山 或臨洛浦而徒羨<玉>魚 乍臥巫峡以空望烟霞 今以邂逅相遇貴客 不勝感應輙陳<u>曲 而今而後豈可非偕老哉 下官對曰 唯々 敬奉芳命 于時日落山西 驪馬将去 遂申懐抱 因贈詠歌曰)答詩曰
原文 多麻之末能 許能可波加美尓 伊返波阿礼騰 吉美乎夜佐之美 阿良波佐受阿利吉
訓読 玉島のこの川上に家はあれど君をやさしみあらはさずありき
かな たましまの このかはかみに いへはあれど きみをやさしみ あらはさずありき
英語(ローマ字) TAMASHIMANO KONOKAHAKAMINI IHEHAAREDO KIMIWOYASASHIMI ARAHASAZUARIKI
実は玉島川の川上に家はございますが、恐縮して申し上げませんでした。
左注
校異
用語 作者:大伴旅人、玉島川、巡行、創作、神功皇后、求婚、野遊び、地名
タイトルとURLをコピーしました