万葉集 第5巻 855番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻855番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 855番歌

第5巻
歌番号855番歌
作者作者不詳
題詞蓬客等更贈歌三首
原文麻都良河波 可波能世比可利 阿由都流等 多々勢流伊毛<何> 毛能須蘇奴例奴
訓読松浦川川の瀬光り鮎釣ると立たせる妹が裳の裾濡れぬ
かなまつらがは かはのせひかり あゆつると たたせるいもが ものすそぬれぬ
英語(ローマ字)MATSURAGAHA KAHANOSEHIKARI AYUTSURUTO TATASERUIMOGA MONOSUSONURENU
松浦川の瀬が陽光を受けて光っている。そこに立って鮎を釣ろうと糸を垂れている気品ある娘。その彼女の裳裾が濡れている。
左注
校異客等 [類](塙) 客 / 歌 [西] 謌 / 河 何 [紀] (塙) 河
用語作者:大伴旅人、玉島川、巡行、創作、遊仙窟、神功皇后、求婚、野遊び、地名
タイトルとURLをコピーしました