万葉集 第5巻 892番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻892番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 892番歌

第5巻
歌番号892番歌
作者作者不詳
題詞貧窮問答歌一首[并短歌]
原文風雜 雨布流欲乃 雨雜 雪布流欲波 為部母奈久 寒之安礼婆 堅塩乎 取都豆之呂比 糟湯酒 宇知須々呂比弖 之<z>夫可比 鼻i之i之尓 志可登阿良農 比宜可伎撫而 安礼乎於伎弖 人者安良自等 富己呂倍騰 寒之安礼婆 麻被 引可賀布利 布可多衣 安里能許等其等 伎曽倍騰毛 寒夜須良乎 和礼欲利母 貧人乃 父母波 飢寒良牟 妻子等波 乞々泣良牟 此時者 伊可尓之都々可 汝代者和多流 天地者 比呂之等伊倍杼 安我多米波 狭也奈里奴流 日月波 安可之等伊倍騰 安我多米波 照哉多麻波奴 人皆可 吾耳也之可流 和久良婆尓 比等々波安流乎 比等奈美尓 安礼母作乎 綿毛奈伎 布可多衣乃 美留乃其等 和々氣佐我礼流 可々布能尾 肩尓打懸 布勢伊保能 麻宜伊保乃内尓 直土尓 藁解敷而 父母波 枕乃可多尓 妻子等母波 足乃方尓 圍居而 憂吟 可麻度柔播 火氣布伎多弖受 許之伎尓波 久毛能須可伎弖 飯炊 事毛和須礼提 奴延鳥乃 能杼与比居尓 伊等乃伎提 短物乎 端伎流等 云之如 楚取 五十戸良我許恵波 寝屋度麻R 来立呼比奴 可久<婆>可里 須部奈伎物能可 世間乃道
訓読風交り 雨降る夜の 雨交り 雪降る夜は すべもなく 寒くしあれば 堅塩を とりつづしろひ 糟湯酒 うちすすろひて しはぶかひ 鼻びしびしに しかとあらぬ ひげ掻き撫でて 我れをおきて 人はあらじと 誇ろへど 寒くしあれば 麻衾 引き被り 布肩衣 ありのことごと 着襲へども 寒き夜すらを 我れよりも 貧しき人の 父母は 飢ゑ凍ゆらむ 妻子どもは 乞ふ乞ふ泣くらむ この時は いかにしつつか 汝が世は渡る 天地は 広しといへど 我がためは 狭くやなりぬる 日月は 明しといへど 我がためは 照りやたまはぬ 人皆か 我のみやしかる わくらばに 人とはあるを 人並に 我れも作るを 綿もなき 布肩衣の 海松のごと わわけさがれる かかふのみ 肩にうち掛け 伏廬の 曲廬の内に 直土に 藁解き敷きて 父母は 枕の方に 妻子どもは 足の方に 囲み居て 憂へさまよひ かまどには 火気吹き立てず 甑には 蜘蛛の巣かきて 飯炊く ことも忘れて ぬえ鳥の のどよひ居るに いとのきて 短き物を 端切ると いへるがごとく しもと取る 里長が声は 寝屋処まで 来立ち呼ばひぬ かくばかり すべなきものか 世間の道
かなかぜまじり あめふるよの あめまじり ゆきふるよは すべもなく さむくしあれば かたしほを とりつづしろひ かすゆざけ うちすすろひて しはぶかひ はなびしびしに しかとあらぬ ひげかきなでて あれをおきて ひとはあらじと ほころへど さむくしあれば あさぶすま ひきかがふり ぬのかたきぬ ありのことごと きそへども さむきよすらを われよりも まづしきひとの ちちははは うゑこゆらむ めこどもは こふこふなくらむ このときは いかにしつつか ながよはわたる あめつちは ひろしといへど あがためは さくやなりぬる ひつきは あかしといへど あがためは てりやたまはぬ ひとみなか あのみやしかる わくらばに ひととはあるを ひとなみに あれもつくるを わたもなき ぬのかたぎぬの みるのごと わわけさがれる かかふのみ かたにうちかけ ふせいほの まげいほのうちに ひたつちに わらときしきて ちちははは まくらのかたに めこどもは あとのかたに かくみゐて うれへさまよひ かまどには ほけふきたてず こしきには くものすかきて いひかしく こともわすれて ぬえどりの のどよひをるに いとのきて みじかきものを はしきると いへるがごとく しもととる さとをさがこゑは ねやどまで きたちよばひぬ かくばかり すべなきものか よのなかのみち
英語(ローマ字)KAZEMAJIRI AMEFURUYONO AMEMAJIRI YUKIFURUYOHA SUBEMONAKU SAMUKUSHIAREBA KATASHIHOWO TORITSUDUSHIROHI KASUYUZAKE UCHISUSUROHITE SHIHABUKAHI HANABISHIBISHINI SHIKATOARANU HIGEKAKINADETE AREWOOKITE HITOHAARAJITO HOKOROHEDO SAMUKUSHIAREBA ASABUSUMA HIKIKAGAFURI NUNOKATAKINU ARINOKOTOGOTO KISOHEDOMO SAMUKIYOSURAWO WAREYORIMO MADUSHIKIHITONO CHICHIHAHAHA UゑKOYURAMU MEKODOMOHA KOFUKOFUNAKURAMU KONOTOKIHA IKANISHITSUTSUKA NAGAYOHAWATARU AMETSUCHIHA HIROSHITOIHEDO AGATAMEHA SAKUYANARINURU HITSUKIHA AKASHITOIHEDO AGATAMEHA TERIYATAMAHANU HITOMINAKA ANOMIYASHIKARU WAKURABANI HITOTOHAARUWO HITONAMINI AREMOTSUKURUWO WATAMONAKI NUNOKATAGINUNO MIRUNOGOTO WAWAKESAGARERU KAKAFUNOMI KATANIUCHIKAKE FUSEIHONO MAGEIHONOUCHINI HITATSUCHINI WARATOKISHIKITE CHICHIHAHAHA MAKURANOKATANI MEKODOMOHA ATONOKATANI KAKUMIゐTE UREHESAMAYOHI KAMADONIHA HOKEFUKITATEZU KOSHIKINIHA KUMONOSUKAKITE IHIKASHIKU KOTOMOWASURETE NUEDORINO NODOYOHIWORUNI ITONOKITE MIJIKAKIMONOWO HASHIKIRUTO IHERUGAGOTOKU SHIMOTOTORU SATOWOSAGAKOゑHA NEYADOMADE KITACHIYOBAHINU KAKUBAKARI SUBENAKIMONOKA YONONAKANOMICHI
風に混じって雨が降る夜、雨に混じって雪が降る夜、どうしようもなく寒い夜。固めた塩を取って少しずつ食べ、湯で溶かした酒糟を啜り啜りして咳き込み、鼻をぐすぐすさせ、大してありもしない髭を掻き撫でながら、誇ってみる。わしほどの人物はおるまい」と・・・。しかし寒くてならないので、粗末な麻衾(あさぶすま)を引き被り、ありったけの粗末な肩掛け類を重ねてみる。それでも寒い夜。このわしよりも貧しい人の父や母は飢え、凍り付くような思いでおろう。妻子たちは何かないかと乞い、泣いていることだろう。こんな時はどのようにしてそなたはこの世をしのいでいなさる。天地は広いというが、この私には狭くなっている。太陽や月は明るいというが、この私のためには照って下さらない。人はみんな私のようなのか。幸いに人として生まれ、人並みに私も働き生計を立てているのに、綿もない袖のない肩掛け。海草の海松(みる)のように破れて垂れ下がったボロ布を肩にうち掛けるのみ。地面に掘った粗末な住まいの地べたにじかに藁をほどいて敷き、父母は枕辺に妻子たちは足側に囲むようにして寝る。明日をもしれぬ憂いにさまよいながら・・・。かまどには火の気も起こさず、米を蒸す瓦の甑には蜘蛛の巣が張り、飯を炊くことなども忘れてしまい、トラツグミのようなうめき声をあげるばかり。それなのに、ただでさえ短い布の切れ端を切り詰めろというように、さらに生活を切り詰めろと、ムチをかざした里長が、寝ている近くまでやってきてわめきたてる。こんなにも辛いものだろうか。世の中を生きていくということが。
左注(山上憶良頓首謹上)
校異歌 [西] 謌 / 可 z [定本] / 々 [代匠記精撰本](塙) 弖 / 波 婆 [紀][細]
用語作者:山上憶良、社会性、国司、貧窮
タイトルとURLをコピーしました