万葉集 第5巻 871番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻871番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 871番歌

第5巻
歌番号 871番歌
作者 作者不詳
題詞 大伴佐提比古郎子 特被朝命奉使藩國 艤棹言歸 稍赴蒼波 妾也松浦[佐用嬪面] 嗟此別易 歎彼會難 即登高山之嶺 遥望離去之船 悵然断肝<黯>然銷魂 遂脱領巾麾之 傍者莫不流涕 因号此山曰領巾麾之嶺也 乃作歌曰
原文 得保都必等 麻通良佐用比米 都麻胡非尓 比例布利之用利 於返流夜麻能奈
訓読 遠つ人松浦佐用姫夫恋ひに領巾振りしより負へる山の名
かな とほつひと まつらさよひめ つまごひに ひれふりしより おへるやまのな
英語(ローマ字) TOHOTSUHITO MATSURASAYOHIME TSUMAGOHINI HIREFURISHIYORI OHERUYAMANONA
遠く朝鮮半島に渡った夫に松浦佐用姫が夫恋しさに領巾(ひれ)を振った時から、名付けて呼ぶようになったという、これが領巾振りの嶺。
左注
校異 黙 黯 [古] / 歌 [西] 謌
用語 山上憶良、鏡山、唐津、大伴佐提比古、松浦佐用姫、領布振伝説、地名
タイトルとURLをコピーしました