万葉集 第5巻 862番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第5巻862番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第5巻 862番歌

第5巻
歌番号 862番歌
作者 作者不詳
題詞 (後人追和之<詩>三首 [帥老])
原文 比等未奈能 美良武麻都良能 多麻志末乎 美受弖夜和礼波 故飛都々遠良武
訓読 人皆の見らむ松浦の玉島を見ずてや我れは恋ひつつ居らむ
かな ひとみなの みらむまつらの たましまを みずてやわれは こひつつをらむ
英語(ローマ字) HITOMINANO MIRAMUMATSURANO TAMASHIMAWO MIZUTEYAWAREHA KOHITSUTSUWORAMU
人々の誰もが見るという、あの評判の玉島川を見ないで、私はじっと恋慕っていなければならないのだろうか。
左注
校異
用語 作者:大伴旅人、玉島川、創作、追和、求婚、野遊び、地名
タイトルとURLをコピーしました