万葉集 第4巻 668番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻668番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 668番歌

第4巻
歌番号 668番歌
作者 厚見王
題詞 厚見王歌一首
原文 朝尓日尓 色付山乃 白雲之 可思過 君尓不有國
訓読 朝に日に色づく山の白雲の思ひ過ぐべき君にあらなくに
かな あさにけに いろづくやまの しらくもの おもひすぐべき きみにあらなくに
英語(ローマ字) ASANIKENI IRODUKUYAMANO SHIRAKUMONO OMOHISUGUBEKI KIMINIARANAKUNI
朝ごとに日ごとに色づく秋の山にかかる白雲のように流れ去っていくような君ではありませんのに。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正復旧)] 歌
用語 相聞、作者:厚見王、恋情
タイトルとURLをコピーしました