奄君諸立が書いた万葉集

奄君諸立が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 1 首

歌番号 本歌
第8巻1483番歌 我が背子が宿の橘花をよみ鳴く霍公鳥見にぞ我が来し

奄君諸立とは?

奄君諸立(読み:あむのきみもろたち)
?-? 奈良時代の人。
宴席に招かれてやって来た家の庭の花橘に霍公鳥の飛び交う様子を誉め讃えた1首。

タイトルとURLをコピーしました