角麻呂が書いた万葉集

角麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 4 首

歌番号 本歌
第3巻292番歌 ひさかたの天の探女が岩船の泊てし高津はあせにけるかも
第3巻293番歌 潮干の御津の海女のくぐつ持ち玉藻刈るらむいざ行きて見む
第3巻294番歌 風をいたみ沖つ白波高からし海人の釣舟浜に帰りぬ
第3巻295番歌 住吉の岸の松原遠つ神我が大君の幸しところ
スポンサーリンク

角麻呂とは?

角麻呂(読み:つぬまろ)
?-? 

タイトルとURLをコピーしました