長意吉麻呂が書いた万葉集

長意吉麻呂が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 12 首

歌番号 本歌
第2巻143番歌 磐代の岸の松が枝結びけむ人は帰りてまた見けむかも
第2巻144番歌 磐代の野中に立てる結び松心も解けずいにしへ思ほゆ
第3巻238番歌 大宮の内まで聞こゆ網引すと網子ととのふる海人の呼び声
第3巻265番歌 苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野の渡りに家もあらなくに
第16巻3824番歌 さし鍋に湯沸かせ子ども櫟津の桧橋より来む狐に浴むさむ
第16巻3825番歌 食薦敷き青菜煮て来む梁にむかばき懸けて休むこの君
第16巻3826番歌 蓮葉はかくこそあるもの意吉麻呂が家なるものは芋の葉にあらし
第16巻3827番歌 一二の目のみにはあらず五六三四さへありけり双六のさえ
第16巻3828番歌 香塗れる塔にな寄りそ川隈の屎鮒食めるいたき女奴
第16巻3829番歌 醤酢に蒜搗きかてて鯛願ふ我れにな見えそ水葱の羹
第16巻3830番歌 玉掃刈り来鎌麻呂むろの木と棗が本とかき掃かむため
第16巻3831番歌 池神の力士舞かも白鷺の桙啄ひ持ちて飛び渡るらむ
タイトルとURLをコピーしました