丹比大夫が書いた万葉集

丹比大夫が書いた万葉集についてまとめました。

掲載数 全 2 首

歌番号本歌
第15巻3625番歌夕されば 葦辺に騒き 明け来れば 沖になづさふ 鴨すらも 妻とたぐひて 我が尾には 霜な降りそと 白栲の 羽さし交へて うち掃ひ さ寝とふものを 行く水の 帰らぬごとく 吹く風の 見えぬがごとく 跡もなき 世の人にして 別れにし 妹が着せてし なれ衣 袖片敷きて ひとりかも寝む
第15巻3626番歌鶴が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづしひとりさ寝れば
タイトルとURLをコピーしました