三重県の万葉集・地名・場所

三重県の万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 30 首

第1巻 6 首

歌番号 本歌
22 番歌 川の上のゆつ岩群に草生さず常にもがもな常 …
44 番歌 我妹子をいざ見の山を高みかも大和の見えぬ …
61 番歌 大丈夫のさつ矢手挟み立ち向ひ射る圓方は見 …
81 番歌 山辺の御井を見がてり神風の伊勢娘子どもあ …
82 番歌 うらさぶる心さまねしひさかたの天のしぐれ …
83 番歌 海の底沖つ白波龍田山いつか越えなむ妹があ …

第2巻 2 首

歌番号 本歌
105 番歌 我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我 …
106 番歌 ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか …

第3巻 1 首

歌番号 本歌
306 番歌 伊勢の海の沖つ白波花にもが包みて妹が家づ …

第4巻 3 首

歌番号 本歌
500 番歌 神風の伊勢の浜荻折り伏せて旅寝やすらむ荒 …
600 番歌 伊勢の海の礒もとどろに寄する波畏き人に恋 …
662 番歌 網児の山五百重隠せる佐堤の崎さで延へし子 …

第6巻 5 首

歌番号 本歌
1029 番歌 河口の野辺に廬りて夜の経れば妹が手本し思 …
1030 番歌 妹に恋ひ吾の松原見わたせば潮干の潟に鶴鳴 …
1031 番歌 後れにし人を思はく思泥の崎木綿取り垂でて …
1032 番歌 大君の行幸のまにま我妹子が手枕まかず月ぞ …
1033 番歌 御食つ国志摩の海人ならしま熊野の小舟に乗 …

第7巻 2 首

歌番号 本歌
1089 番歌 大海に島もあらなくに海原のたゆたふ波に立 …
1162 番歌 円方の港の洲鳥波立てや妻呼びたてて辺に近 …

第8巻 1 首

歌番号 本歌
1536 番歌 宵に逢ひて朝面なみ名張野の萩は散りにき黄 …

第9巻 1 首

歌番号 本歌
1735 番歌 我が畳三重の川原の礒の裏にかくしもがもと …

第10巻 1 首

歌番号 本歌
2198 番歌 風吹けば黄葉散りつつすくなくも吾の松原清 …

第11巻 3 首

歌番号 本歌
2727 番歌 酢蛾島の夏身の浦に寄する波間も置きて我が …
2798 番歌 伊勢の海人の朝な夕なに潜くといふ鰒の貝の …
2805 番歌 伊勢の海ゆ鳴き来る鶴の音どろも君が聞こさ …

第12巻 2 首

歌番号 本歌
3127 番歌 度会の大川の辺の若久木我が久ならば妹恋ひ …
3156 番歌 鈴鹿川八十瀬渡りて誰がゆゑか夜越えに越え …

第13巻 3 首

歌番号 本歌
3234 番歌 やすみしし 我ご大君 高照らす 日の御子 …
3235 番歌 山辺の五十師の御井はおのづから成れる錦を …
3301 番歌 神風の 伊勢の海の 朝なぎに 来寄る深海 …
スポンサーリンク

三重県の万葉集の解説

作成中。

タイトルとURLをコピーしました