富山県の万葉集・地名・場所

富山県の万葉集についてまとめました。

掲載数 全 44 首と大伴家持の歌

第12巻 2 首

歌番号本歌
3153 番歌 み雪降る越の大山行き過ぎていづれの日にか …
3166 番歌 我妹子を外のみや見む越の海の子難の海の島 …

第16巻 2 首

歌番号本歌
3881 番歌 大野道は茂道茂路茂くとも君し通はば道は広 …
3882 番歌 渋谿の二上山に鷲ぞ子産むといふ翳にも君の …

第17巻 5 首

歌番号本歌
3946 番歌 霍公鳥鳴きて過ぎにし岡びから秋風吹きぬよ …
3949 番歌 天離る鄙にある我れをうたがたも紐解き放け …
3956 番歌 奈呉の海人の釣する舟は今こそば舟棚打ちて …
3998 番歌 我が宿の花橘を花ごめに玉にぞ我が貫く待た …
4016 番歌 婦負の野のすすき押しなべ降る雪に宿借る今 …

第18巻 13 首

歌番号本歌
4036 番歌 いかにある布勢の浦ぞもここだくに君が見せ …
4038 番歌 玉櫛笥いつしか明けむ布勢の海の浦を行きつ …
4039 番歌 音のみに聞きて目に見ぬ布勢の浦を見ずは上 …
4040 番歌 布勢の浦を行きてし見てばももしきの大宮人 …
4046 番歌 神さぶる垂姫の崎漕ぎ廻り見れども飽かずい …
4047 番歌 垂姫の浦を漕ぎつつ今日の日は楽しく遊べ言 …
4049 番歌 おろかにぞ我れは思ひし乎布の浦の荒礒の廻 …
4050 番歌 めづらしき君が来まさば鳴けと言ひし山霍公 …
4052 番歌 霍公鳥今鳴かずして明日越えむ山に鳴くとも …
4053 番歌 木の暗になりぬるものを霍公鳥何か来鳴かぬ …
4067 番歌 二上の山に隠れる霍公鳥今も鳴かぬか君に聞 …
4069 番歌 明日よりは継ぎて聞こえむ霍公鳥一夜のから …
4087 番歌 灯火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと …

第19巻 22 首

歌番号本歌
4200 番歌 多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行か …
4201 番歌 いささかに思ひて来しを多胡の浦に咲ける藤 …
4202 番歌 藤波を仮廬に作り浦廻する人とは知らに海人 …
4203 番歌 家に行きて何を語らむあしひきの山霍公鳥一 …
4204 番歌 我が背子が捧げて持てるほほがしはあたかも …
4222 番歌 このしぐれいたくな降りそ我妹子に見せむが …
4224 番歌 朝霧のたなびく田居に鳴く雁を留め得むかも …
4227 番歌 大殿の この廻りの 雪な踏みそね しばし …
4228 番歌 ありつつも見したまはむぞ大殿のこの廻りの …
4231 番歌 なでしこは秋咲くものを君が家の雪の巌に咲 …
4232 番歌 雪の嶋巌に植ゑたるなでしこは千代に咲かぬ …
4233 番歌 うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く …
4235 番歌 天雲をほろに踏みあだし鳴る神も今日にまさ …
4236 番歌 天地の 神はなかれや 愛しき 我が妻離る …
4237 番歌 うつつにと思ひてしかも夢のみに手本巻き寝 …
4240 番歌 大船に真楫しじ貫きこの我子を唐国へ遣る斎 …
4241 番歌 春日野に斎く三諸の梅の花栄えてあり待て帰 …
4242 番歌 天雲の行き帰りなむものゆゑに思ひぞ我がす …
4243 番歌 住吉に斎く祝が神言と行くとも来とも船は早 …
4244 番歌 あらたまの年の緒長く我が思へる子らに恋ふ …
4246 番歌 沖つ波辺波な越しそ君が船漕ぎ帰り来て津に …
4247 番歌 天雲のそきへの極み我が思へる君に別れむ日 …

大伴家持の歌はこちら

大伴家持が書いた万葉集

富山県の万葉集の解説

万葉集は何度もいろんな歌人によって編纂されてきたが、だれがどのように編纂したのかは不明である。(編纂者の名前が記されていないため。)最終的には大伴家持によって編纂されたようだが、これも「おそらく家持が最後にまとめただろう。」という解釈である。

富山県に万葉集がこれだけ多いのは、大伴家持が越中守として赴任して12年もの間、いろんな歌を集めていた場所になるからだ。その後、因幡守(鳥取県)に赴任して、最後の4516番歌を詠んで、それ以降は万葉集に歌を記すことは無い。

タイトルとURLをコピーしました