石川県の万葉集・地名・場所

石川県の万葉集についてまとめました。

掲載数 全 9 首

第12巻 3 首

歌番号本歌
3153 番歌 み雪降る越の大山行き過ぎていづれの日にか …
3166 番歌 我妹子を外のみや見む越の海の子難の海の島 …
3169 番歌 能登の海に釣する海人の漁り火の光りにいま …

第14巻 2 首

歌番号本歌
3478 番歌 遠しとふ故奈の白嶺に逢ほしだも逢はのへし …
3509 番歌 栲衾白山風の寝なへども子ろがおそきのあろ …

第16巻 3 首

歌番号本歌
3878 番歌 はしたての 熊来のやらに 新羅斧 落し入 …
3879 番歌 はしたての 熊来酒屋に まぬらる奴 わし …
3880 番歌 鹿島嶺の 机の島の しただみを い拾ひ持 …

第17巻 1 首

歌番号本歌
4025 番歌 志雄路から直越え来れば羽咋の海朝なぎした …

石川県の万葉集の解説

石川県は富山県のとなりに位置していることから、家持が歌の収集をしていた場所だと思われる。もちろん家持の歌のほとんどは17巻~20巻に集中するが、万葉集は時代とは別に分類分けされていることから、これらの歌は家持によって収集されたものなのだろう。どの歌ものんびりとしていながらも、北陸の厳しい冬があったりと、まさにそこには時代とは無関係の自然の情景そのものである。

タイトルとURLをコピーしました