滋賀県の万葉集・地名・場所

滋賀県の万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 66 首

第1巻 7 首

歌番号 本歌
20 番歌 あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君 …
21 番歌 紫のにほへる妹を憎くあらば人妻故に我れ恋 …
29 番歌 玉たすき 畝傍の山の 橿原の ひじりの御 …
30 番歌 楽浪の志賀の辛崎幸くあれど大宮人の舟待ち …
31 番歌 楽浪の志賀の [一云 比良の] 大わだ淀 …
32 番歌 古の人に我れあれや楽浪の古き都を見れば悲 …
33 番歌 楽浪の国つ御神のうらさびて荒れたる都見れ …

第2巻 9 首

歌番号 本歌
147 番歌 天の原振り放け見れば大君の御寿は長く天足 …
148 番歌 青旗の木幡の上を通ふとは目には見れども直 …
149 番歌 人はよし思ひやむとも玉葛影に見えつつ忘ら …
150 番歌 うつせみし 神に堪へねば 離れ居て 朝嘆 …
151 番歌 かからむとかねて知りせば大御船泊てし泊り …
152 番歌 やすみしし我ご大君の大御船待ちか恋ふらむ …
153 番歌 鯨魚取り 近江の海を 沖放けて 漕ぎ来る …
154 番歌 楽浪の大山守は誰がためか山に標結ふ君もあ …
155 番歌 やすみしし 我ご大君の 畏きや 御陵仕ふ …

第3巻 12 首

歌番号 本歌
263 番歌 馬ないたく打ちてな行きそ日ならべて見ても …
266 番歌 近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいに …
273 番歌 磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海八十の港に鶴 …
274 番歌 我が舟は比良の港に漕ぎ泊てむ沖へな離りさ …
275 番歌 いづくにか我は宿らむ高島の勝野の原にこの …
287 番歌 ここにして家やもいづく白雲のたなびく山を …
288 番歌 我が命のま幸くあらばまたも見む志賀の大津 …
305 番歌 かく故に見じと言ふものを楽浪の旧き都を見 …
314 番歌 さざれ波礒越道なる能登瀬川音のさやけさた …
352 番歌 葦辺には鶴がね鳴きて港風寒く吹くらむ津乎 …
364 番歌 ますらをの弓末振り起し射つる矢を後見む人 …
365 番歌 塩津山打ち越え行けば我が乗れる馬ぞつまづ …

第7巻 10 首

歌番号 本歌
1169 番歌 近江の海港は八十ちいづくにか君が舟泊て草 …
1170 番歌 楽浪の連庫山に雲居れば雨ぞ降るちふ帰り来 …
1171 番歌 大御船泊ててさもらふ高島の三尾の勝野の渚 …
1172 番歌 いづくにか舟乗りしけむ高島の香取の浦ゆ漕 …
1224 番歌 大葉山霞たなびきさ夜更けて我が舟泊てむ泊 …
1236 番歌 夢のみに継ぎて見えつつ高島の礒越す波のし …
1238 番歌 高島の安曇白波は騒けども我れは家思ふ廬り …
1350 番歌 近江のや八橋の小竹を矢はがずてまことあり …
1390 番歌 近江の海波畏みと風まもり年はや経なむ漕ぐ …
1398 番歌 楽浪の志賀津の浦の舟乗りに乗りにし心常忘 …

第8巻 2 首

歌番号 本歌
1532 番歌 草枕旅行く人も行き触ればにほひぬべくも咲 …
1533 番歌 伊香山野辺に咲きたる萩見れば君が家なる尾 …

第7巻 2 首

歌番号 本歌
1089 番歌 大海に島もあらなくに海原のたゆたふ波に立 …
1162 番歌 円方の港の洲鳥波立てや妻呼びたてて辺に近 …

第9巻 8 首

歌番号 本歌
1690 番歌 高島の阿渡川波は騒けども我れは家思ふ宿り …
1691 番歌 旅なれば夜中をさして照る月の高島山に隠ら …
1715 番歌 楽浪の比良山風の海吹けば釣りする海人の袖 …
1717 番歌 三川の淵瀬もおちず小網さすに衣手濡れぬ干 …
1718 番歌 率ひて漕ぎ去にし舟は高島の安曇の港に泊て …
1732 番歌 大葉山霞たなびきさ夜更けて我が舟泊てむ泊 …
1733 番歌 思ひつつ来れど来かねて三尾の崎真長の浦を …
1734 番歌 高島の安曇の港を漕ぎ過ぎて塩津菅浦今か漕 …

第11巻 9 首

歌番号 本歌
2435 番歌 近江の海沖つ白波知らずとも妹がりといはば …
2439 番歌 近江の海沖つ島山奥まけて我が思ふ妹が言の …
2440 番歌 近江の海沖漕ぐ舟のいかり下ろし隠りて君が …
2445 番歌 近江の海沈く白玉知らずして恋ひせしよりは …
2710 番歌 犬上の鳥籠の山なる不知哉川いさとを聞こせ …
2728 番歌 近江の海沖つ島山奥まへて我が思ふ妹が言の …
2729 番歌 霰降り遠つ大浦に寄する波よしも寄すとも憎 …
2743 番歌 なかなかに君に恋ひずは比良の浦の海人なら …
2747 番歌 あぢかまの塩津をさして漕ぐ船の名は告りて …

第12巻 5 首

歌番号 本歌
3018 番歌 高湍なる能登瀬の川の後も逢はむ妹には我れ …
3027 番歌 近江の海辺は人知る沖つ波君をおきては知る …
3046 番歌 楽浪の波越すあざに降る小雨間も置きて我が …
3070 番歌 木綿畳田上山のさな葛ありさりてしも今なら …
3157 番歌 我妹子にまたも近江の安の川安寐も寝ずに恋 …

第13巻 3 首

歌番号 本歌
3237 番歌 あをによし 奈良山過ぎて もののふの 宇 …
3240 番歌 大君の 命畏み 見れど飽かぬ 奈良山越え …
3323 番歌 しなたつ 筑摩さのかた 息長の 越智の小 …

第15巻 1 首

歌番号 本歌
3762 番歌 我妹子に逢坂山を越えて来て泣きつつ居れど …
スポンサーリンク

滋賀県の万葉集の解説

作成中。

タイトルとURLをコピーしました