長崎県の万葉集・地名・場所

長崎県の万葉集についてまとめました。

掲載数 全 31 首

第14巻 1 首

歌番号 本歌
3516 番歌 対馬の嶺は下雲あらなふ可牟の嶺にたなびく …

第15巻 30 首

歌番号 本歌
3688 番歌 天皇の 遠の朝廷と 韓国に 渡る我が背は …
3689 番歌 岩田野に宿りする君家人のいづらと我れを問 …
3690 番歌 世間は常かくのみと別れぬる君にやもとな我 …
3691 番歌 天地と ともにもがもと 思ひつつ ありけ …
3692 番歌 はしけやし妻も子どもも高々に待つらむ君や …
3693 番歌 黄葉の散りなむ山に宿りぬる君を待つらむ人 …
3694 番歌 わたつみの 畏き道を 安けくも なく悩み …
3695 番歌 昔より言ひけることの韓国のからくもここに …
3696 番歌 新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも …
3697 番歌 百船の泊つる対馬の浅茅山しぐれの雨にもみ …
3698 番歌 天離る鄙にも月は照れれども妹ぞ遠くは別れ …
3699 番歌 秋去れば置く露霜にあへずして都の山は色づ …
3700 番歌 あしひきの山下光る黄葉の散りの乱ひは今日 …
3701 番歌 竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし …
3702 番歌 竹敷の浦廻の黄葉我れ行きて帰り来るまで散 …
3703 番歌 竹敷の宇敝可多山は紅の八しほの色になりに …
3704 番歌 黄葉の散らふ山辺ゆ漕ぐ船のにほひにめでて …
3705 番歌 竹敷の玉藻靡かし漕ぎ出なむ君がみ船をいつ …
3706 番歌 玉敷ける清き渚を潮満てば飽かず我れ行く帰 …
3707 番歌 秋山の黄葉をかざし我が居れば浦潮満ち来い …
3708 番歌 物思ふと人には見えじ下紐の下ゆ恋ふるに月 …
3709 番歌 家づとに貝を拾ふと沖辺より寄せ来る波に衣 …
3710 番歌 潮干なばまたも我れ来むいざ行かむ沖つ潮騒 …
3711 番歌 我が袖は手本通りて濡れぬとも恋忘れ貝取ら …
3712 番歌 ぬばたまの妹が干すべくあらなくに我が衣手 …
3713 番歌 黄葉は今はうつろふ我妹子が待たむと言ひし …
3714 番歌 秋されば恋しみ妹を夢にだに久しく見むを明 …
3715 番歌 ひとりのみ着寝る衣の紐解かば誰れかも結は …
3716 番歌 天雲のたゆたひ来れば九月の黄葉の山もうつ …
3717 番歌 旅にても喪なく早来と我妹子が結びし紐はな …

長崎県の万葉集の解説

作成中。

タイトルとURLをコピーしました