兵庫県の万葉集・地名・場所

兵庫県の万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 89 首

第1巻 3 首

歌番号 本歌
13 番歌 香具山は 畝傍を愛しと 耳成と 相争ひき …
14 番歌 香具山と耳成山と闘ひし時立ちて見に来し印 …
15 番歌 海神の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやけく …

第3巻 22 首

歌番号 本歌
250 番歌 玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船近 …
251 番歌 淡路の野島が崎の浜風に妹が結びし紐吹き返 …
252 番歌 荒栲の藤江の浦に鱸釣る海人とか見らむ旅行 …
253 番歌 稲日野も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加 …
254 番歌 燈火の明石大門に入らむ日や漕ぎ別れなむ家 …
255 番歌 天離る鄙の長道ゆ恋ひ来れば明石の門より大 …
256 番歌 笥飯の海の庭よくあらし刈薦の乱れて出づ見 …
279 番歌 我妹子に猪名野は見せつ名次山角の松原いつ …
280 番歌 いざ子ども大和へ早く白菅の真野の榛原手折 …
281 番歌 白菅の真野の榛原行くさ来さ君こそ見らめ真 …
283 番歌 住吉の得名津に立ちて見わたせば武庫の泊り …
303 番歌 名ぐはしき印南の海の沖つ波千重に隠りぬ大 …
304 番歌 大君の遠の朝廷とあり通ふ島門を見れば神代 …
354 番歌 縄の浦に塩焼く煙夕されば行き過ぎかねて山 …
357 番歌 縄の浦ゆそがひに見ゆる沖つ島漕ぎ廻る舟は …
358 番歌 武庫の浦を漕ぎ廻る小舟粟島をそがひに見つ …
361 番歌 秋風の寒き朝明を佐農の岡越ゆらむ君に衣貸 …
388 番歌 海神は くすしきものか 淡路島 中に立て …
389 番歌 島伝ひ敏馬の崎を漕ぎ廻れば大和恋しく鶴さ …
413 番歌 須磨の海女の塩焼き衣の藤衣間遠にしあれば …
449 番歌 妹と来し敏馬の崎を帰るさにひとりし見れば …
450 番歌 行くさにはふたり我が見しこの崎をひとり過 …

第4巻 1 首

歌番号 本歌
509 番歌 臣の女の 櫛笥に乗れる 鏡なす 御津の浜 …

第6巻 16 首

歌番号 本歌
935 番歌 名寸隅の 舟瀬ゆ見ゆる 淡路島 松帆の浦 …
936 番歌 玉藻刈る海人娘子ども見に行かむ舟楫もがも …
937 番歌 行き廻り見とも飽かめや名寸隅の舟瀬の浜に …
938 番歌 やすみしし 我が大君の 神ながら 高知ら …
939 番歌 沖つ波辺波静けみ漁りすと藤江の浦に舟ぞ騒 …
940 番歌 印南野の浅茅押しなべさ寝る夜の日長くしあ …
941 番歌 明石潟潮干の道を明日よりは下笑ましけむ家 …
942 番歌 あぢさはふ 妹が目離れて 敷栲の 枕もま …
943 番歌 玉藻刈る唐荷の島に島廻する鵜にしもあれや …
944 番歌 島隠り我が漕ぎ来れば羨しかも大和へ上るま …
945 番歌 風吹けば波か立たむとさもらひに都太の細江 …
946 番歌 御食向ふ 淡路の島に 直向ふ 敏馬の浦の …
947 番歌 須磨の海女の塩焼き衣の慣れなばか一日も君 …
1065 番歌 八千桙の 神の御代より 百舟の 泊つる泊 …
1066 番歌 まそ鏡敏馬の浦は百舟の過ぎて行くべき浜な …
1067 番歌 浜清み浦うるはしみ神代より千舟の泊つる大 …

第7巻 10 首

歌番号 本歌
1140 番歌 しなが鳥猪名野を来れば有馬山夕霧立ちぬ宿 …
1141 番歌 武庫川の水脈を早みと赤駒の足掻くたぎちに …
1166 番歌 いにしへにありけむ人の求めつつ衣に摺りけ …
1178 番歌 印南野は行き過ぎぬらし天伝ふ日笠の浦に波 …
1179 番歌 家にして我れは恋ひむな印南野の浅茅が上に …
1180 番歌 荒磯越す波を畏み淡路島見ずか過ぎなむここ …
1189 番歌 大海にあらしな吹きそしなが鳥猪名の港に舟 …
1207 番歌 粟島に漕ぎ渡らむと思へども明石の門波いま …
1229 番歌 我が舟は明石の水門に漕ぎ泊てむ沖へな離り …
1354 番歌 白菅の真野の榛原心ゆも思はぬ我れし衣に摺 …

第9巻 8 首

歌番号 本歌
1776 番歌 絶等寸の山の峰の上の桜花咲かむ春へは君し …
1777 番歌 君なくはなぞ身装はむ櫛笥なる黄楊の小櫛も …
1801 番歌 古への ますら壮士の 相競ひ 妻問ひしけ …
1802 番歌 古への信太壮士の妻問ひし菟原娘子の奥城ぞ …
1803 番歌 語り継ぐからにもここだ恋しきを直目に見け …
1809 番歌 葦屋の 菟原娘子の 八年子の 片生ひの時 …
1810 番歌 芦屋の菟原娘子の奥城を行き来と見れば哭の …
1811 番歌 墓の上の木の枝靡けり聞きしごと茅渟壮士に …

第11巻 3 首

歌番号 本歌
2757 番歌 大君の御笠に縫へる有間菅ありつつ見れど事 …
2771 番歌 我妹子が袖を頼みて真野の浦の小菅の笠を着 …
2772 番歌 真野の池の小菅を笠に縫はずして人の遠名を …

第12巻 4 首

歌番号 本歌
3164 番歌 室の浦の瀬戸の崎なる鳴島の磯越す波に濡れ …
3197 番歌 住吉の岸に向へる淡路島あはれと君を言はぬ …
3198 番歌 明日よりはいなむの川の出でて去なば留まれ …
3200 番歌 飼飯の浦に寄する白波しくしくに妹が姿は思 …

第15巻 15 首

歌番号 本歌
3578 番歌 武庫の浦の入江の洲鳥羽ぐくもる君を離れて …
3595 番歌 朝開き漕ぎ出て来れば武庫の浦の潮干の潟に …
3596 番歌 我妹子が形見に見むを印南都麻白波高み外に …
3597 番歌 わたつみの沖つ白波立ち来らし海人娘子ども …
3605 番歌 わたつみの海に出でたる飾磨川絶えむ日にこ …
3606 番歌 玉藻刈る処女を過ぎて夏草の野島が崎に廬り …
3607 番歌 白栲の藤江の浦に漁りする海人とや見らむ旅 …
3608 番歌 天離る鄙の長道を恋ひ来れば明石の門より家 …
3609 番歌 武庫の海の庭よくあらし漁りする海人の釣舟 …
3627 番歌 朝されば 妹が手にまく 鏡なす 御津の浜 …
3718 番歌 家島は名にこそありけれ海原を我が恋ひ来つ …
3719 番歌 草枕旅に久しくあらめやと妹に言ひしを年の …
3720 番歌 我妹子を行きて早見む淡路島雲居に見えぬ家 …
3721 番歌 ぬばたまの夜明かしも船は漕ぎ行かな御津の …
3722 番歌 大伴の御津の泊りに船泊てて龍田の山をいつ …

第16巻 1 首

歌番号 本歌
3804 番歌 かくのみにありけるものを猪名川の沖を深め …

第17巻 4 首

歌番号 本歌
3894 番歌 淡路島門渡る船の楫間にも我れは忘れず家を …
3895 番歌 たまはやす武庫の渡りに天伝ふ日の暮れ行け …
3899 番歌 海人娘子漁り焚く火のおぼほしく角の松原思 …
3932 番歌 須磨人の海辺常去らず焼く塩の辛き恋をも我 …

第19巻 1 首

歌番号 本歌
4211 番歌 古に ありけるわざの くすばしき 事と言 …

第20巻 1 首

歌番号 本歌
4301 番歌 印南野の赤ら柏は時はあれど君を我が思ふ時 …
スポンサーリンク

兵庫県の万葉集の解説

作成中。

タイトルとURLをコピーしました