埼玉県の万葉集・地名・場所

埼玉県の万葉集についてまとめました。

掲載数 全 23 首

第9巻 2 首

歌番号本歌
1744 番歌 埼玉の小埼の沼に鴨ぞ羽霧るおのが尾に降り …
1745 番歌 三栗の那賀に向へる曝井の絶えず通はむそこ …

第14巻 9 首

歌番号本歌
3373 番歌 多摩川にさらす手作りさらさらになにぞこの …
3374 番歌 武蔵野に占部肩焼きまさでにも告らぬ君が名 …
3375 番歌 武蔵野のをぐきが雉立ち別れ去にし宵より背 …
3376 番歌 恋しけば袖も振らむを武蔵野のうけらが花の …
3377 番歌 武蔵野の草葉もろ向きかもかくも君がまにま …
3378 番歌 入間道の於保屋が原のいはゐつら引かばぬる …
3379 番歌 我が背子をあどかも言はむ武蔵野のうけらが …
3380 番歌 埼玉の津に居る船の風をいたみ綱は絶ゆとも …
3381 番歌 夏麻引く宇奈比をさして飛ぶ鳥の至らむとぞ …

第20巻 12 首

歌番号本歌
4413 番歌 枕太刀腰に取り佩きま愛しき背ろが罷き来む …
4414 番歌 大君の命畏み愛しけ真子が手離り島伝ひ行く …
4415 番歌 白玉を手に取り持して見るのすも家なる妹を …
4416 番歌 草枕旅行く背なが丸寝せば家なる我れは紐解 …
4417 番歌 赤駒を山野にはがし捕りかにて多摩の横山徒 …
4418 番歌 我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土 …
4419 番歌 家ろには葦火焚けども住みよけを筑紫に至り …
4420 番歌 草枕旅の丸寝の紐絶えば我が手と付けろこれ …
4421 番歌 我が行きの息づくしかば足柄の峰延ほ雲を見 …
4422 番歌 我が背なを筑紫へ遣りて愛しみ帯は解かなな …
4423 番歌 足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹はさや …
4424 番歌 色深く背なが衣は染めましをみ坂給らばまさ …

埼玉県の万葉集の解説

埼玉県は万葉集が詠まれていたころは、武蔵国(むさしのくに)と呼ばれていた。武蔵国は東京、埼玉、神奈川(一部)を合わせた大きな地域である。また708年に秩父で和銅(洗練の必要がない自然銅)が発見され、このことを朝廷は祝いとして、慶雲から「和銅」と年号を変更した。つまり、万葉集の題詞に「和銅」という年号がつくものは西暦708年から715年の作と思われる。

20巻の歌の左注全部に「安曇宿祢三國」という文字が見える。これは大伴家持へ歌を献上した人の名前だろう。

タイトルとURLをコピーしました