広島県の万葉集・地名・場所

広島県の万葉集についてまとめました。

掲載数 全 28 首

第7巻 3 首

歌番号 本歌
1182 番歌 海人小舟帆かも張れると見るまでに鞆の浦廻 …
1183 番歌 ま幸くてまたかへり見む大夫の手に巻き持て …
1259 番歌 佐伯山卯の花持ちし愛しきが手をし取りてば …

第11巻 1 首

歌番号 本歌
2423 番歌 道の後深津島山しましくも君が目見ねば苦し …

第13巻 3 首

歌番号 本歌
3243 番歌 娘子らが 麻笥に垂れたる 続麻なす 長門 …
3244 番歌 阿胡の海の荒礒の上のさざれ波我が恋ふらく …
3339 番歌 玉桙の 道に出で立ち あしひきの 野行き …

第15巻 21 首

歌番号 本歌
3599 番歌 月読の光りを清み神島の礒廻の浦ゆ船出す我 …
3600 番歌 離れ礒に立てるむろの木うたがたも久しき時 …
3601 番歌 しましくもひとりありうるものにあれや島の …
3612 番歌 あをによし奈良の都に行く人もがも草枕旅行 …
3613 番歌 海原を八十島隠り来ぬれども奈良の都は忘れ …
3614 番歌 帰るさに妹に見せむにわたつみの沖つ白玉拾 …
3615 番歌 我がゆゑに妹嘆くらし風早の浦の沖辺に霧た …
3616 番歌 沖つ風いたく吹きせば我妹子が嘆きの霧に飽 …
3617 番歌 石走る瀧もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都 …
3618 番歌 山川の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れか …
3619 番歌 礒の間ゆたぎつ山川絶えずあらばまたも相見 …
3620 番歌 恋繁み慰めかねてひぐらしの鳴く島蔭に廬り …
3621 番歌 我が命を長門の島の小松原幾代を経てか神さ …
3622 番歌 月読みの光りを清み夕なぎに水手の声呼び浦 …
3623 番歌 山の端に月傾けば漁りする海人の燈火沖にな …
3624 番歌 我れのみや夜船は漕ぐと思へれば沖辺の方に …
3625 番歌 夕されば 葦辺に騒き 明け来れば 沖にな …
3626 番歌 鶴が鳴き葦辺をさして飛び渡るあなたづたづ …
3627 番歌 朝されば 妹が手にまく 鏡なす 御津の浜 …
3628 番歌 玉の浦の沖つ白玉拾へれどまたぞ置きつる見 …
3629 番歌 秋さらば我が船泊てむ忘れ貝寄せ来て置けれ …

広島県の万葉集の解説

作成中。

タイトルとURLをコピーしました