万葉集 第20巻 4489番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4489番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4489番歌

第20巻
歌番号 4489番歌
作者 甘南備伊香
題詞 (十二月十八日於大監物三形王之宅宴歌三首)
原文 宇知奈婢久 波流乎知可美加 奴婆玉乃 己与比能都久欲 可須美多流良牟
訓読 うち靡く春を近みかぬばたまの今夜の月夜霞みたるらむ
かな うちなびく はるをちかみか ぬばたまの こよひのつくよ かすみたるらむ
英語(ローマ字) UCHINABIKU HARUWOCHIKAMIKA NUBATAMANO KOYOHINOTSUKUYO KASUMITARURAMU
ものみなうち靡く春が近いからか、今夜の月夜は霞がかっているようだ。
左注 右一首大蔵大輔甘南備伊香真人
校異
用語 天平宝字1年12月18日、年紀、作者:甘南備伊香、三形王、枕詞、叙景、宴席
タイトルとURLをコピーしました