万葉集 第20巻 4439番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第20巻4439番歌はこちらにまとめました。

第20巻 4439番歌

第20巻
歌番号4439番歌
作者作者不詳
題詞冬日幸于靱負御井之時内命婦石川朝臣應詔賦雪歌一首 [諱曰邑婆]
原文麻都我延乃 都知尓都久麻O 布流由伎乎 美受弖也伊毛我 許母里乎流良牟
訓読松が枝の土に着くまで降る雪を見ずてや妹が隠り居るらむ
かなまつがえの つちにつくまで ふるゆきを みずてやいもが こもりをるらむ
英語(ローマ字)MATSUGAENO TSUCHINITSUKUMADE FURUYUKIWO MIZUTEYAIMOGA KOMORIWORURAMU
松の枝が重みで地に着くほどに降る見事な雪。でも、この雪を見ることなくあなたは部屋にこもっているのにね。
左注于時水主内親王寝膳不安累日不参 因以此日太上天皇勅侍嬬等曰 為遣水主内親王賦雪作歌奉獻者 於是諸命婦等不堪作歌而此石川命婦 獨此歌奏之 / 右件四首上総國大<掾>正六位上大原真人今城傳誦云尓 [年月未詳]
校異様 掾 [西(朱訂正右書)][元][紀][細]
用語作者:石川郎女、古歌、伝誦、宮廷、応詔、水主内親王、見舞い、元正天皇
タイトルとURLをコピーしました