万葉集 第17巻 3907番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第17巻3907番歌はこちらにまとめました。

第17巻 3907番歌

第17巻
歌番号3907番歌
作者境部老麻呂
題詞讃三香原新都歌一首[并短歌]
原文山背乃 久<邇>能美夜古波 春佐礼播 花<咲>乎々理 秋<左>礼婆 黄葉尓保<比> 於婆勢流 泉河乃 可美都瀬尓 宇知橋和多之 余登瀬尓波 宇枳橋和多之 安里我欲比 都加倍麻都良武 万代麻弖尓
訓読山背の 久迩の都は 春されば 花咲きををり 秋されば 黄葉にほひ 帯ばせる 泉の川の 上つ瀬に 打橋渡し 淀瀬には 浮橋渡し あり通ひ 仕へまつらむ 万代までに
かなやましろの くにのみやこは はるされば はなさきををり あきされば もみちばにほひ おばせる いづみのかはの かみつせに うちはしわたし よどせには うきはしわたし ありがよひ つかへまつらむ よろづよまでに
英語(ローマ字)YAMASHIRONO KUNINOMIYAKOHA HARUSAREBA HANASAKIWOWORI AKISAREBA MOMICHIBANIHOHI OBASERU IDUMINOKAHANO KAMITSUSENI UCHIHASHIWATASHI YODOSENIHA UKIHASHIWATASHI ARIGAYOHI TSUKAHEMATSURAMU YORODUYOMADENI
山背の久邇の都は、春になると桜が咲き誇り、秋になると黄葉に彩られ、帯のように流れる泉川(十津川)の上流に打橋を渡し、淀になった広い場所には浮橋を渡し、いつも通い続け、万代まで通いましょう。
左注(右天平十三年二月右<馬>頭境部宿祢老麻呂作也)
校異歌 [西] 謌 / 尓 邇 [元] / 喚 咲 [元][紀][細] / 佐 左 [元][類] /比美[西(右書)] 比 [元][類]
用語天平13年2月、年紀、作者:境部老麻呂、宮廷讃美、地名、京都、植物、儀礼歌、寿歌、恭仁京
タイトルとURLをコピーしました