万葉集 第16巻 3874番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第16巻3874番歌はこちらにまとめました。

第16巻 3874番歌

第16巻
歌番号 3874番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 所射鹿乎 認河邊之 和草 身若可倍尓 佐宿之兒等波母
訓読 射ゆ鹿を認ぐ川辺のにこ草の身の若かへにさ寝し子らはも
かな いゆししを つなぐかはへの にこぐさの みのわかかへに さねしこらはも
英語(ローマ字) IYUSHISHIWO TSUNAGUKAHAHENO NIKOGUSANO MINOWAKAKAHENI SANESHIKORAHAMO
射られた鹿の跡を追っていったら川辺にやわらかいにこ草が生えていた。そのにこ草のような若くやわらかいあの子と寝たのが忘れられない。
左注 右歌一首
校異
用語 雑歌、恋愛、回想、歌謡、動物、序詞
タイトルとURLをコピーしました