万葉集 第12巻 2876番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第12巻2876番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第12巻 2876番歌

第12巻
歌番号 2876番歌
作者 作者不詳
題詞 (正述心緒)
原文 里近 家<哉>應居 此吾目之 人目乎為乍 戀繁口
訓読 里近く家や居るべきこの我が目の人目をしつつ恋の繁けく
かな さとちかく いへやをるべき このわがめの ひとめをしつつ こひのしげけく
英語(ローマ字) SATOCHIKAKU IHEYAWORUBEKI KONOWAGAMENO HITOMEWOSHITSUTSU KOHINOSHIGEKEKU
里に近い家に住むものではありませんね。人目をはばかって気にしながらでは恋心が募るばかりです。
左注
校異 武 哉 [西(右書訂正)][元][紀][細][温] / 目之 [元] 目
用語 うわさ、人目、恋情
タイトルとURLをコピーしました