万葉集 第11巻 2469番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第11巻2469番歌はこちらにまとめました。

第11巻 2469番歌

第11巻
歌番号 2469番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄物陳思)
原文 山<萵>苣 白露重 浦經 心深 吾戀不止
訓読 山ぢさの白露重みうらぶれて心も深く我が恋やまず
かな やまぢさの しらつゆおもみ うらぶれて こころもふかく あがこひやまず
英語(ローマ字) YAMADISANO SHIRATSUYUOMOMI URABURETE KOKOROMOFUKAKU AGAKOHIYAMAZU
山ぢさの葉が白露の重みでうなだれているが、私の心もすっかりしょげている。けれども恋い焦がれる気持ちは一向に止まない。
左注 (以前一百四十九首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異 萬 萵 [嘉]
用語 作者:柿本人麻呂歌集、略体、恋情、序詞、植物
タイトルとURLをコピーしました