万葉集 第10巻 2341番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2341番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2341番歌

第10巻
歌番号 2341番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雪)
原文 思出 時者為便無 豊國之 木綿山雪之 可消<所>念
訓読 思ひ出づる時はすべなみ豊国の由布山雪の消ぬべく思ほゆ
かな おもひいづる ときはすべなみ とよくにの ゆふやまゆきの けぬべくおもほゆ
英語(ローマ字) OMOHIIDURU TOKIHASUBENAMI TOYOKUNINO YUFUYAMAYUKINO KENUBEKUOMOHOYU
彼女のことを思い始めるとどうしようもなく、由布山の雪のように消え入りそうで切ない。
左注
校異 可 所 [西(右書)][元][類][紀]
用語 冬相聞、大分、地名、懐旧、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました