万葉集 第10巻 2098番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2098番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2098番歌

第10巻
歌番号 2098番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 奥山尓 住云男鹿之 初夜不去 妻問芽子乃 散久惜裳
訓読 奥山に棲むといふ鹿の夕さらず妻どふ萩の散らまく惜しも
かな おくやまに すむといふしかの よひさらず つまどふはぎの ちらまくをしも
英語(ローマ字) OKUYAMANI SUMUTOIFUSHIKANO YOHISARAZU TSUMADOFUHAGINO CHIRAMAKUWOSHIMO
奥山に棲むという牡鹿は、毎宵妻を捜しにやってくるが、その萩の花が散っていくのが惜しまれる。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました