万葉集 第10巻 2097番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2097番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2097番歌

第10巻
歌番号 2097番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 鴈鳴之 来喧牟日及 見乍将有 此芽子原尓 雨勿零根
訓読 雁がねの来鳴かむ日まで見つつあらむこの萩原に雨な降りそね
かな かりがねの きなかむひまで みつつあらむ このはぎはらに あめなふりそね
英語(ローマ字) KARIGANENO KINAKAMUHIMADE MITSUTSUARAMU KONOHAGIHARANI AMENAFURISONE
雁がやってきて鳴く日の来るまで咲いている萩の花を見ていたい。だから雨よ、萩原に降らないでおくれ。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました