万葉集 第10巻 2096番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2096番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2096番歌

第10巻
歌番号 2096番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 真葛原 名引秋風 <毎吹> 阿太乃大野之 芽子花散
訓読 真葛原靡く秋風吹くごとに阿太の大野の萩の花散る
かな まくずはら なびくあきかぜ ふくごとに あだのおほのの はぎのはなちる
英語(ローマ字) MAKUZUHARA NABIKUAKIKAZE FUKUGOTONI ADANOOHONONO HAGINOHANACHIRU
葛原の葛がなびく秋風が吹くたびに阿太の大野の萩の花が散ってしまう。
左注
校異 吹毎 毎吹 [元][類]
用語 秋雑歌、奈良県、五条市、地名、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました