万葉集 第10巻 2222番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2222番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2222番歌

第10巻
歌番号 2222番歌
作者 作者不詳
題詞 詠河
原文 暮不去 河蝦鳴成 三和河之 清瀬音乎 聞師吉毛
訓読 夕さらずかはづ鳴くなる三輪川の清き瀬の音を聞かくしよしも
かな ゆふさらず かはづなくなる みわがはの きよきせのおとを きかくしよしも
英語(ローマ字) YUFUSARAZU KAHADUNAKUNARU MIWAGAHANO KIYOKISENOOTOWO KIKAKUSHIYOSHIMO
毎夕蛙の鳴く声が聞こえる三輪川、その清冽な瀬の音を聞くのは本当にいいものだ。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良県、桜井市、地名、動物、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました