万葉集 第10巻 1979番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1979番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1979番歌

第10巻
歌番号 1979番歌
作者 作者不詳
題詞 寄鳥
原文 春之在者 酢軽成野之 霍公鳥 保等穂跡妹尓 不相来尓家里
訓読 春さればすがるなす野の霍公鳥ほとほと妹に逢はず来にけり
かな はるされば すがるなすのの ほととぎす ほとほといもに あはずきにけり
英語(ローマ字) HARUSAREBA SUGARUNASUNONO HOTOTOGISU HOTOHOTOIMONI AHAZUKINIKERI
春になったので野のホトトギスの鳴き声のように私はすがりつくように彼女に逢いにいってやっとなんとか逢えた。
左注
校異
用語 夏相聞、動物
タイトルとURLをコピーしました