万葉集 第10巻 1887番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1887番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1887番歌

第10巻
歌番号 1887番歌
作者 作者不詳
題詞 旋頭歌
原文 春日在 三笠乃山尓 月母出奴可母 佐紀山尓 開有櫻之 花乃可見
訓読 春日なる御笠の山に月も出でぬかも佐紀山に咲ける桜の花の見ゆべく
かな かすがなる みかさのやまに つきもいでぬかも さきやまに さけるさくらの はなのみゆべく
英語(ローマ字) KASUGANARU MIKASANOYAMANI TSUKIMOIDENUKAMO SAKIYAMANI SAKERUSAKURANO HANANOMIYUBEKU
春日なる御笠の山に月が顔を出してくれないかなあ。佐紀山に咲いている桜の花がよく見えるのに。                             
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 春雑歌、奈良、地名、植物、旋頭歌
タイトルとURLをコピーしました