万葉集 第10巻 2285番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2285番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2285番歌

第10巻
歌番号 2285番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 秋芽子之 花野乃為酢寸 穂庭不出 吾戀度 隠嬬波母
訓読 秋萩の花野のすすき穂には出でず我が恋ひわたる隠り妻はも
かな あきはぎの はなののすすき ほにはいでず あがこひわたる こもりづまはも
英語(ローマ字) AKIHAGINO HANANONOSUSUKI HONIHAIDEZU AGAKOHIWATARU KOMORIDUMAHAMO
萩の花が咲く野、その花に隠れているススキ。そのススキのように人目につかないようにしてくれている、恋しい恋しい私の彼女よ。
左注
校異
用語 秋相聞、植物、恋情、秘密
タイトルとURLをコピーしました