万葉集 第10巻 2187番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2187番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2187番歌

第10巻
歌番号 2187番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 妹之袖 巻来乃山之 朝露尓 仁寶布黄葉之 散巻惜裳
訓読 妹が袖巻来の山の朝露ににほふ黄葉の散らまく惜しも
かな いもがそで まききのやまの あさつゆに にほふもみちの ちらまくをしも
英語(ローマ字) IMOGASODE MAKIKINOYAMANO ASATSUYUNI NIHOFUMOMICHINO CHIRAMAKUWOSHIMO
妹が袖に由来するという巻来の山に朝露が降り、色づいた黄葉が散っていくのが惜しい。
左注
校異 巻 [元][類](塙) 莫
用語 秋雑歌、地名、枕詞、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました