万葉集 第10巻 1934番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1934番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1934番歌

第10巻
歌番号 1934番歌
作者 作者不詳
題詞 (問答)
原文 相不念 妹哉本名 菅根乃 長春日乎 念晩牟
訓読 相思はぬ妹をやもとな菅の根の長き春日を思ひ暮らさむ
かな あひおもはぬ いもをやもとな すがのねの ながきはるひを おもひくらさむ
英語(ローマ字) AHIOMOHANU IMOWOYAMOTONA SUGANONENO NAGAKIHARUHIWO OMOHIKURASAMU
私のことを思ってくれない彼女だが、自分の方はしきりに彼女を思って、菅の根のように長い春の一日を暮らさねばならない。
左注
校異
用語 春相聞、恋情、問答、植物
タイトルとURLをコピーしました