万葉集 第10巻 1964番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1964番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1964番歌

第10巻
歌番号 1964番歌
作者 作者不詳
題詞 詠蝉
原文 黙然毛将有 時母鳴奈武 日晩乃 物念時尓 鳴管本名
訓読 黙もあらむ時も鳴かなむひぐらしの物思ふ時に鳴きつつもとな
かな もだもあらむ ときもなかなむ ひぐらしの ものもふときに なきつつもとな
英語(ローマ字) MODAMOARAMU TOKIMONAKANAMU HIGURASHINO MONOMOFUTOKINI NAKITSUTSUMOTONA
ひぐらしよ、ぼんやりして何の考えごともしていない時にこそ鳴いておくれ。このように物思いにふけっている時、そんなにしきりに鳴き立てないでおくれ。
左注
校異
用語 夏雑歌、動物
タイトルとURLをコピーしました