万葉集 第10巻 1846番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1846番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1846番歌

第10巻
歌番号 1846番歌
作者 作者不詳
題詞 詠柳
原文 霜干 冬柳者 見人之 蘰可為 目生来鴨
訓読 霜枯れの冬の柳は見る人のかづらにすべく萌えにけるかも
かな しもがれの ふゆのやなぎは みるひとの かづらにすべく もえにけるかも
英語(ローマ字) SHIMOGARENO FUYUNOYANAGIHA MIRUHITONO KADURANISUBEKU MOENIKERUKAMO
霜枯れになっていた冬の柳が今では見る人の誰もが髪飾りにしたくなるような青々とした芽を吹きだしているよ。
左注
校異
用語 春雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました