万葉集 第10巻 1918番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1918番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1918番歌

第10巻
歌番号 1918番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄雨)
原文 梅花 令散春雨 多零 客尓也君之 廬入西留良武
訓読 梅の花散らす春雨いたく降る旅にや君が廬りせるらむ
かな うめのはな ちらすはるさめ いたくふる たびにやきみが いほりせるらむ
英語(ローマ字) UMENOHANA CHIRASUHARUSAME ITAKUFURU TABINIYAKIMIGA IHORISERURAMU
梅の花を散らすほど春雨がひどく降っている。旅路にあるあなたは仮小屋で泊まっているのでしょうか。
左注
校異
用語 春相聞、植物、恋情、雨隠り
タイトルとURLをコピーしました