万葉集 第10巻 1919番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1919番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1919番歌

第10巻
歌番号 1919番歌
作者 作者不詳
題詞 寄草
原文 國栖等之 春菜将採 司馬乃野之 數君麻 思比日
訓読 国栖らが春菜摘むらむ司馬の野のしばしば君を思ふこのころ
かな くにすらが はるなつむらむ しまののの しばしばきみを おもふこのころ
英語(ローマ字) KUNISURAGA HARUNATSUMURAMU SHIMANONONO SHIBASHIBAKIMIWO OMOFUKONOKORO
国栖(くにす)の人々が春菜を摘む司馬の野じゃありませんが、しばしばあなたのことが思われてならないこのごろです。
左注
校異
用語 春相聞、吉野、地名、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました