万葉集 第10巻 1844番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1844番歌はこちらにまとめました。

第10巻 1844番歌

第10巻
歌番号 1844番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠霞)
原文 寒過 暖来良思 朝烏指 滓鹿能山尓 霞軽引
訓読 冬過ぎて春来るらし朝日さす春日の山に霞たなびく
かな ふゆすぎて はるきたるらし あさひさす かすがのやまに かすみたなびく
英語(ローマ字) FUYUSUGITE HARUKITARURASHI ASAHISASU KASUGANOYAMANI KASUMITANABIKU
冬は過ぎ去って春がやってきたようだ。朝日がさしている春日山に霞がたなびいている。
左注
校異
用語 春雑歌、奈良、地名、季節
タイトルとURLをコピーしました