万葉集 第10巻 2122番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2122番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2122番歌

第10巻
歌番号 2122番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 大夫之 心者無而 秋芽子之 戀耳八方 奈積而有南
訓読 大夫の心はなしに秋萩の恋のみにやもなづみてありなむ
かな ますらをの こころはなしに あきはぎの こひのみにやも なづみてありなむ
英語(ローマ字) MASURAWONO KOKOROHANASHINI AKIHAGINO KOHINOMINIYAMO NADUMITEARINAMU
男子たるものがその心をなくし、秋萩に心を奪われ、恋に難渋していてよいものか。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物
タイトルとURLをコピーしました