万葉集 第10巻 2121番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2121番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2121番歌

第10巻
歌番号 2121番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 秋風者 日異吹奴 高圓之 野邊之秋芽子 散巻惜裳
訓読 秋風は日に異に吹きぬ高円の野辺の秋萩散らまく惜しも
かな あきかぜは ひにけにふきぬ たかまとの のへのあきはぎ ちらまくをしも
英語(ローマ字) AKIKAZEHA HINIKENIFUKINU TAKAMATONO NOHENOAKIHAGI CHIRAMAKUWOSHIMO
秋風は日増しに強く吹くようになってきた。高円の野辺に咲く秋萩が散るのが惜しまれる。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました