万葉集 第10巻 1816番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1816番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1816番歌

第10巻
歌番号 1816番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 玉蜻 夕去来者 佐豆人之 弓月我高荷 霞霏d
訓読 玉かぎる夕さり来ればさつ人の弓月が岳に霞たなびく
かな たまかぎる ゆふさりくれば さつひとの ゆつきがたけに かすみたなびく
英語(ローマ字) TAMAKAGIRU YUFUSARIKUREBA SATSUHITONO YUTSUKIGATAKENI KASUMITANABIKU
陽炎がゆらめく夕方がやってきた。狩人にちなむ弓月が岳に霞がたなびいている。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異
用語 春雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、桜井、奈良、地名、枕詞、季節
タイトルとURLをコピーしました