万葉集 第10巻 1815番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1815番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1815番歌

第10巻
歌番号 1815番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞
原文 子等我手乎 巻向山丹 春去者 木葉凌而 霞霏d
訓読 子らが手を巻向山に春されば木の葉しのぎて霞たなびく
かな こらがてを まきむくやまに はるされば このはしのぎて かすみたなびく
英語(ローマ字) KORAGATEWO MAKIMUKUYAMANI HARUSAREBA KONOHASHINOGITE KASUMITANABIKU
彼女が手に巻くという巻向山に春がやってきた。木々の葉群れを覆い尽くすように霞がたなびいている。
左注 (右柿本朝臣人麻呂歌集出)
校異 凌 [元][類] 陵
用語 春雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体、桜井、奈良、地名、枕詞、季節
タイトルとURLをコピーしました