万葉集 第10巻 1858番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻1858番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 1858番歌

第10巻
歌番号 1858番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 打細尓 鳥者雖<不>喫 縄延 守巻欲寸 梅花鴨
訓読 うつたへに鳥は食まねど縄延へて守らまく欲しき梅の花かも
かな うつたへに とりははまねど なははへて もらまくほしき うめのはなかも
英語(ローマ字) UTSUTAHENI TORIHAHAMANEDO NAHAHAHETE MORAMAKUHOSHIKI UMENOHANAKAMO
必ずしも鳥が食べてしまうというわけではないが、しめ縄を張って守ってやらねばと思うほど美しいな、梅の花は。
左注
校異 子 不 [元][類][紀]
用語 春雑歌、動物、植物、比喩、恋情
タイトルとURLをコピーしました