万葉集 第10巻 2274番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2274番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2274番歌

第10巻
歌番号 2274番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 展轉 戀者死友 灼然 色庭不出 朝容皃之花
訓読 臥いまろび恋ひは死ぬともいちしろく色には出でじ朝顔の花
かな こいまろび こひはしぬとも いちしろく いろにはいでじ あさがほのはな
英語(ローマ字) KOIMAROBI KOHIHASHINUTOMO ICHISHIROKU IRONIHAIDEJI ASAGAHONOHANA
もだえ苦しみ抜いた恋が終わりを告げても、はっきりと表に出すものですか。私は私、朝顔の花。
左注
校異 轉 [元][類] 傳
用語 秋相聞、植物、恋情
タイトルとURLをコピーしました