万葉集 第10巻 2125番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2125番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第10巻 2125番歌

第10巻
歌番号 2125番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 春日野之 芽子落者 朝東 風尓副而 此間尓落来根
訓読 春日野の萩し散りなば朝東風の風にたぐひてここに散り来ね
かな かすがのの はぎしちりなば あさごちの かぜにたぐひて ここにちりこね
英語(ローマ字) KASUGANONO HAGISHICHIRINABA ASAGOCHINO KAZENITAGUHITE KOKONICHIRIKONE
春日野の萩が散り時になったなら、朝方の東風に乗ってここに散ってきてくれ。
左注
校異
用語 秋雑歌、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました