万葉集 第10巻 2126番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2126番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2126番歌

第10巻
歌番号 2126番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠花)
原文 秋芽子者 於鴈不相常 言有者香 [一云 言有可聞] 音乎聞而者 花尓散去流
訓読 秋萩は雁に逢はじと言へればか [一云 言へれかも] 声を聞きては花に散りぬる
かな あきはぎは かりにあはじと いへればか [いへれかも] こゑをききては はなにちりぬる
英語(ローマ字) AKIHAGIHA KARINIAHAJITO IHEREBAKA [IHEREKAMO] KOゑWOKIKITEHA HANANICHIRINURU
萩の花は冬の雁には逢わないと言うからか(異伝は「言うからなのか」)、雁の鳴き声をきいただけで花のまま散ってしまった。
左注
校異
用語 秋雑歌、動物、植物、異伝
タイトルとURLをコピーしました