万葉集 第10巻 2292番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2292番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2292番歌

第10巻
歌番号 2292番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 蜒野之 尾花苅副 秋芽子之 花乎葺核 君之借廬
訓読 秋津野の尾花刈り添へ秋萩の花を葺かさね君が仮廬に
かな あきづのの をばなかりそへ あきはぎの はなをふかさね きみがかりほに
英語(ローマ字) AKIDUNONO WOBANAKARISOHE AKIHAGINO HANAWOFUKASANE KIMIGAKARIHONI
秋津野の尾花(ススキの穂)を刈り取って、仮小屋の屋根をこしらへるとき、萩の花で覆って下さいましな。
左注
校異
用語 秋相聞、吉野、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました