万葉集 第10巻 2205番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第10巻2205番歌はこちらにまとめました。

第10巻 2205番歌

第10巻
歌番号 2205番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠黄葉)
原文 秋芽子乃 下葉赤 荒玉乃 月之歴去者 風疾鴨
訓読 秋萩の下葉もみちぬあらたまの月の経ぬれば風をいたみかも
かな あきはぎの したばもみちぬ あらたまの つきのへぬれば かぜをいたみかも
英語(ローマ字) AKIHAGINO SHITABAMOMICHINU ARATAMANO TSUKINOHENUREBA KAZEWOITAMIKAMO
萩の下の方の葉が色づいてきた。月が変わって時が経ち、風が強くなったせいでか。
左注
校異
用語 秋雑歌、植物、季節
タイトルとURLをコピーしました